<< ベルギー小旅行記②~ブルージュ... ロブションでランチ 『L... >>
ベルギー小旅行記①~ブルージュ編~
c0149755_0155975.jpg

ベルギーはやっぱり白ビール♪ 白ビールにはムール貝♪ おやつはもちろんワッフルで♪ 小腹が空いたらポンフリを♪ シメはやっぱりチョコレート♪ ・・・と際限なく続いてしまう美食の国ベルギー。長期滞在は危険かも(笑)。

1泊2日のベルギー小旅行記、今回もざっくりまとめておきます。

・・・☆・・・

【Day 1: April 4th, 2009】

今回はロンドンから陸路でベルギーまでお出かけです。朝4:20起床、6:59発のユーロスターでブリュッセルへと向かいました。私は初めてのユーロスターだったので、「トンネル入るとこ見れるかな?出たときの景色はどんなかな?」と車窓からの景色をだいぶ楽しみにしていたのですが、車内で朝食のパンを食べた後は・・・例によって熟睡(笑)!『歩く・食べる・寝る!』という私の旅のリズムは今回も健在のようで、2時間後に「もう着くよ~」と起こされるまですやすやと寝てしまいました。まぁ、それだけユーロスターが快適だったということです(^▽^)。ブリュッセルの駅に降り立つと、やや寝ぼけた目にフランス語・フラマン語・オランダ語・そして英語、と多彩な言語の表記が飛び込み改めて「あ、ここはベルギーなんだ」と思いました。

この日はブリュッセルに着いたその足で列車に乗換え、北西の街ブルュージュまで足をのばします。ブリュッセルからブルージュまでは約1時間。近い上にユーロスターの乗車券はそのまま1日乗車券のように使えるため、なんだかお得な感じです。

c0149755_173061.jpg

ブルージュの駅。小さな街なのでてくてくと歩いて中心地へ向かいます。お天気は曇りで(しかもロンドンより寒かった!)霧がかっていましたが、それがなんとも神秘的な雰囲気をかもし出していました。


c0149755_1102637.jpg

まず出会えるのが「愛の湖公園」。見るまでは「すごい名前の公園だねぇ」なんて思ってましたが、その響きがしっくりとくるロマンティックさにあふれていました。中世のたたずまいを残すその美しさにうっとりです。


c0149755_115522.jpg

そしてベギン会修道院。1245年設立、世界遺産にもなっている修道院です。霧と水仙、たまたま通りかかった修道女の方たち。静けさのなかに凛とした空気が漂います。


c0149755_12152.jpg

タイムスリップしたような気持に。映画の1シーンを見ているような神秘的な場所でした。

そこから中心のマルクト広場まではとても楽しい小道が続きます。お店だらけなのですが、「3歩歩くとチョコレート屋さん!」と思うくらいチョコレートのお店と名産品であるレースのお店が並んでいるのです(あ、レース屋さんは「5歩歩くとレース屋さん!」と思うくらいの間隔です)。私のチョコに対する情熱は極めて「普通」レベルなのですが、華やかなディスプレイとチョコレートの誘惑にテンションが上がりますヾ(〃^∇^)ノ。

c0149755_1572530.jpg

ちょうどイースターの時期なのでどこのお店もディスプレイは卵・うさぎ・ひよこ!見てるだけで楽しくなっちゃいました。でもこんなにお店があったらどこで買ったらいいのか分からなくなってしまいそう。。と思いきや、夫はしっかりリサーチ済みでお目当てのチョコレート屋さんを決めていました(さすが甘党!)。というわけで私たちがチョコを購入したのは次の2軒:①『Pralinique De Bruges』→ここは250gで€4ちょっと。15粒くらい好きなのを選んで箱に詰めてもらいました。お店のおばさまもとても親切で感じが良かったです。 そして②:『Chocolate Line』。→ここでは250gで€11の詰め合わせボックスを購入。お店はすご~く混んでました!まだ両方とも開けてないのでお味については書けませんが、ゆっくり味わいたいと思います☆

それにしてもブルージュの街は本当に素敵。

c0149755_1382225.jpg

情緒のある運河。


c0149755_135837.jpg

情緒のある街角。


c0149755_0314234.jpg

カクカクの屋根が特徴的な建物(@マルクト広場)。この屋根の形はブリュッセルでも見られますが、ブルージュほどではありませんでした。すごく可愛らしくていっぱい写真を撮ってしまいました(^^)。


c0149755_138292.jpg

そうそう、時間があればこうして運河下りが出来たのですが、今回は日帰りだったので見送りました。でも街を歩いてるだけでもとっても楽しかったので悔いなし。

さて、ランチは美味しいベルギー料理を食べるべく『MOSSELKELDER』というレストランへ!

c0149755_2435879.jpg

まずはベルギービール☆ 夫はベルギーの白ビールが好きなのでとっても嬉しそう。

c0149755_2473284.jpg

そしてベルギー料理の山の横綱をはるPomme Frites!(←ポンフリ、と読みますが、アメリカで言う「フレンチフライ」=イギリスで言う「チップス」=日本で言う「フライドポテト」です)。このポンフリ、ベルギーではマヨネーズで食べるのが王道です☆

c0149755_2464321.jpg

そして海の横綱をはるムール貝!しかしすごい量です(笑)。もともとムール貝好きの夫は「ムール貝を食べまくる!」という野望を、そして芋好きの私は「毎食ポンフリでもいい!」という決意を胸にベルギーにやってきましたが、この山のようなムール貝を食べた後は夫でさえも「・・・もうムール貝はしばらくいいかな。。」と口にしてました(笑)。でも身がふわふわで(ロンドンで食べるのはきゅっと縮んじゃってるのが多いけど)、ガーリックとセロリが効いていてとっても美味しかったです!さすが本場だな~。あ、このレストランは魚市場直結なので余計美味しかったのかもしれません。

c0149755_2505219.jpg

えーと、もう一品、今回初めて挑戦したのがこの『Waterzooi』(ワーテルゾーイ)というクリームシチューのようなお料理です。もとはフランドル地方のお料理のようですが、ここのは3種のお魚(鮭と白身魚2種)とムール貝、ジャガイモ、ニンジンやズッキーニなどの野菜が入っていました。これも美味しかった♪ 寒い冬でも温まりそうです♪ 

・・・と、きれいに3品いただいた後は予想通り、お腹いっぱい!

そして写真もいっぱいになってしまったので中途半端だけど次に続く。
[PR]
by mihopoppo | 2009-04-07 03:05 | …ベルギー(3)
<< ベルギー小旅行記②~ブルージュ... ロブションでランチ 『L... >>