「ほっ」と。キャンペーン
<< 明日からイースター ベルギー小旅行記②~ブルージュ... >>
ベルギー旅行記③~ブリュッセル~
c0149755_2324972.jpg

だんだんと、オブジェまでもがチョコレートに見えてきます。。(笑)

・・・☆・・・

ベルギー二日目にして最終日!1泊2日の旅行はあっという間です。
この日は朝、ホテルをチェックアウトしてからトラムに乗車。途中下車してぶらぶらと歩きながらグランプラスに向かいます。

c0149755_2332813.jpg

清々しい青空に美しい街並。ブリュッセルの街はゆるりとした親しみやすさと格調の高さが同居している感じでした。ヨーロッパは陸続きなのに、各国ごとに違う空気が流れているのがとても面白いなぁと思います。民族が作り上げるのか、歴史が作り上げるのか。。どの国も、その国ごとの良さと個性を持っているのが素晴らしいと思うようになりました。

c0149755_23331967.jpg

後ろに見えているのがグランプラスにある市庁舎の塔。遠くから見ても綺麗です。

そうそう、行きがけに朝ご飯を食べていきました。

c0149755_2340517.jpg

もっちろんワッフル!・・・だけど朝からすごいボリュームです(汗)。手前のブリュッセルワッフルは夫の。甘い苺とクリームがどさっとジェネラスにのっています。そして奥の私のリエージュワッフルも、チョコソースがあふれんばかりに。。オーダーするときに「せっかくだからチョコレートかけてみる!」とチョコがけにしたものの、日本みたいに「チョコソースを何筋かかける」という次元のかけ方ではないのでした。ホットチョコレートが「どわ~っ!」です(笑)。。さすがチョコ大国!甘かったけど、美味しくいただきました☆

そしてグランプラス再び。


c0149755_23495963.jpg

青空の広場は一段と綺麗(^^)。

c0149755_2351552.jpg

先ほど背景に見えた市庁舎の塔。15世紀の建築です。


c0149755_23541694.jpg

それぞれが個性的な屋根の飾り。

c0149755_23565385.jpg

この広場に立ってぐるりと囲む建物を眺めていたら、自分が中世にタイムスリップしたかのような錯覚にとらわれました。かつてさまざまな職業の組合会議所として使われていたこの建物たち。ここに今自分が立っている不思議を感じてしまいます。

そうそう、この日は日曜日だったので「閑散としてたらどうしようね」などと案じていたのですが、ブリュッセルは日曜でも人が多く賑わっていました!もちろん地元の人用のお店や洋服関係のお店は閉まっていたけど、レストランや小物屋さん(とチョコレート屋さん)、大きなスーパーなどは普通に営業。街には観光客はもちろん地元らしき人達もいて活気がありました。良かった良かった(^^)。

んーと、午前中は気持ちの良い青空のもと、街を見学。お昼にはちょっと離れた『街で一番!』といわれるポンフリ屋さんに行こうと決めていたため、ぷらぷらと歩き始めました(そう、ムール貝はもういいけどお芋はまだ食べたかったのです)。

c0149755_05461.jpg

途中で通ったグラン・サブロン広場は「チョコレート広場」と名づけたいほどチョコレート屋さんが並んでいます。Godiva, Leonidas, neuhaus, Pierre Marcolini、ウィッタメール、etc.etc... 私たちもあれやこれやとお土産チョコを買い・・・

c0149755_074630.jpgおやつチョコもゲット。ベンチで食べたこのチョコは、中からイチゴがとろりと出てきてとても美味!でも朝のワッフルに続く濃厚さに私のチョコ許容量は飽和状態です。。「もうチョコはいいや~」とムール貝に続いてチョコ・ギブアップ宣言。そんな私に夫は「え、そう?」と不思議そうな表情。。夫にとっては『ムール貝<チョコ』なのだ!と確信した瞬間でした(笑)。


途中で通過した地点その2。

c0149755_014578.jpg

ブリュッセル・ルクセンブルグ駅裏にあるEU Parliament。国際都市ブリュッセル、色々な顔を持っています。この奥にあるレオポルド公園もとても緑豊かで綺麗な公園でした。

実はグランプラスからここまではかなりの距離があるのですが、荷物をしょって歩き続けることが出来たのはひとえに「街で一番のポンフリ」が私を待っていたから!私にとっては間違いなく『チョコ<お芋』なのだと確信した道のりでした。

c0149755_0363856.jpg

そうしてたどり着いたのがここ、『Maison Antoine』。ちょっと分かりづらいけど長蛇の列です!夫が並んでいる間、私は道を挟んだ隣のパブでドリンクをオーダーして席取り兼待機(←パブは外の席に限りポンフリ持込み可)。自分用にまずコーヒーを、そして頃合を見計らって夫のHoegaardenを注文してワクワクとお芋の登場を待ちます。

こうして楽しみに待ったPomme Fritesは・・・
c0149755_0422516.jpg

こんがりキツネ色 ヾ(〃^▽^)ノ !
二度揚げしてあるのかサクサクです♪ ソースは色々選べるので(1個50セント)、タルタル、マスタード、カレーの3種にしてみました。わ~い、美味しい美味しい!と食べているうちに夫より先に食べ終わったワタシ。やっぱり『チョコ<お芋』でした(笑)。でもこれ、全然胃もたれしないんです。どうしてだろう??同じフレンチフライでも、ロンドンのFish & Chipsはとても重たくて半分も食べ切れないのになぁ。でもとにかくお腹が一杯です。ご馳走様でした☆

c0149755_0505728.jpg

この後は地下鉄でまたグランプラスまで戻り、私は現在博物館になっている「王の家」を見学。ここにはなんとあの小便小僧ジュリアン君の衣装コレクションがあるのですが、彼はすごい衣装もちでした!世界中から寄贈された豪華衣装の数々。陣羽織、桃太郎などなど、日本の衣装も沢山ありました。古いものは1928年に朝日新聞社から送られていてビックリ。ちなみに夫は「向かいのビール博物館に行くよー」と別行動をとりましたが、こちらは外観からしてしょぼそうだったのでやめにして近くのパブでビールを飲んでいたそうです(笑)。

・・・この日はよく歩きましたが、石畳の多いヨーロッパの街は歩いていてとても疲れます。そして疲れたときはカフェでお茶に限ります☆ えぇ、たとえお腹がいっぱいでも、ベルギーに心残りがないようにやっぱり食べるのは・・・

c0149755_75160.jpg

ワッフル!さくさくブリュッセル・ワッフルに、ラズベリーソース。サクサクのうちに食べねば!と気合を入れて食べていたら「すごい勢いで食べるね」と言われました(笑)。

・・・しかし、そんな夫のセレクションはこちら。

c0149755_773548.jpg

どっしり、リエージュワッフルにアイスクリーム&イチゴソースがけ( ̄0 ̄;)!・・・この期に及んでアイスクリームまでつけるとは。。本当に甘いものが好きなんだねぇ・・・。食べてる最中に彼が「今日は朝からワッフルと芋しか食べてないな。」と言いました。…たしかに。帰ったら野菜たくさん食べなきゃね(笑)。

ちなみにこのカフェは老舗どころの『Dandoy』です。毎日食べ歩きしたいくらいのさくさくワッフルでした☆ 

お茶の後はスーパーで色々とお買い物。といっても、ブリュッセルではほとんどビールです。たった1泊2日の旅なのに夫がバックパックをしょってきたのは、ビールを沢山買って帰るため。。(^▽^)。ロンドンでは高かったりなかなか売っていなかったりするビールをあれこれと購入し、おまけに専門店で大好きなHoegaardenのグラス(旅行記①のトップにある写真のグラス☆)もゲットして彼はホクホクしておりました。良かったねぇ、ビールもチョコも大好きだもんね(^^)。ベルギー素敵、良いとこです♪

こうして重たいバックパックをしょいつつ、ユーロスターでまたロンドンに向かいました。
ベルギーよ、さようなら。とっても美しくて美味しくて楽しい思い出をありがとう♪

c0149755_105644.jpg

夜20時前、無事にロンドン到着。列車の旅はとっても楽!地下鉄に乗り換えて、20:30には家に着きました。


こうしてベルギー小旅行は無事終了☆

この旅行記も無事終了☆
・・・しかし明日からまた旅行が始まるのでありました。荷造り、荷造り・・・(^^;)。

終わり。
[PR]
by mihopoppo | 2009-04-09 18:20 | …ベルギー(1)
<< 明日からイースター ベルギー小旅行記②~ブルージュ... >>