<< In Kobe 地震から二日がたちました >>
そして月曜日
週が明けました。

計画停電が発表され、皆さん大変な状況の中出勤された方も大勢いらっしゃると思います。出勤される方も不安でしょうし、送り出さなればいけないご家族もご心配のことでしょう。中にはお仕事のため家族を残して被災地入りする方もいて、本当に考えるだけで胸が詰まります。今現在、命をかけて現場で頑張っている方々も含め、ただただご無事を祈ることしかできません。 

どうぞどうぞお気をつけて・・・。


今朝の東京も、穏やかな青空が広がっていました。気温は19度まであがるといわれ、春のような暖かな一日に。私は「開店と同時に近所のスーパーに行こうかな」と出かける仕度をしていましたが、ちょうどそのとき携帯に地震注意報が入りました。間もなく、東京では結構大きめの震度3の余震。・・・余震の回数は減ったとはいえ、今日は一日に数回起こりました。被災地のことを思うとこれくらい・・とは思うものの、いつこちらでも大きな地震が誘発されるとも分かりません。十分注意しなければと思います。

さて、一時間ほど様子を見て、11時頃改めて外に出かけてみました。

東京の空気は穏やかです。車通りも多いし、人も普通に歩いてるし、出勤している方もいっぱいいます。

でもガソリンスタンドには売り切れの看板(たまたま来合わせた消防車の給油はちゃんとしており「あ、良かった。。」と安心しました)。

スーパーは地震直後より落ち着いているとはいえ、やはり普段より人がたくさん。お水はどうにか一人1本限定で売られていましたが、お米、卵、そしてカップラーメン等の保存食はやはり手に入らないようです(私も卵が欲しかったけど売り切れでした)。パン、レトルトのパスタソース、麺類なども品薄。そして紙皿や紙コップ、ペーパータオル(キッチンペーパー?)なんかもとても少なくなっていました。こんなにガラガラの陳列棚を見たのは初めてです。ドラッグストアではカロリーメイトのようなお菓子が飛ぶように売れていたのも印象的。個々のお客さんは買い占めてる感じはなく落ち着いてましたが、やっぱり非常事態なんだなぁと当たり前のことを改めて痛感しました。うちは大人二人だからなんとかなるけど、子どもが多いご家庭なんかは大変なんだろうなぁ。。


可能な限りつつましく暮らしていこうと思います。


あ、実家の母のことを心配してくださった皆さん、ありがとうございます!母も無事です。一人で横浜の実家にいるのがとても心配だったのですが、昨日神戸の父のところに到着しました。良かった。。横浜ででも神戸ででも、二人でいてくれるのが娘としては一番安心なのです。昨日までは母が横浜の実家でひとり持病を抱えながら、ネットもテレビも繋がらない停電中の家にポツンといる事態を一番懸念していたのですが(そしたらうちに来てもらおうと思ってたけど・・)、神戸で父と過ごせるようになって安堵しました。


ではまた。
引き続き節電・注意・祈りを。
[PR]
by mihopoppo | 2011-03-14 17:32 | ◆東京日々雑感(67)
<< In Kobe 地震から二日がたちました >>