<< ただいま、東京 そして月曜日 >>
In Kobe
c0149755_2293121.jpg

今日は日帰りで嵐山へ行ってきました。あともう少しで桜の季節。
早く暖かくなりみんな笑顔になれますように。春よ来い!

・・・☆・・・

両親のいる神戸に来ています。
「日中、一人でいるのは心配だから」とオットに説得され、ごく少量の着替えと、それよりも何かあった場合の非常食やお水をボストンバッグに詰め、「いつ地震があっても避難できます!モード」で降り立った神戸の地。・・・こちらは私の心構えに反してとても平和な雰囲気が漂っており、自分だけがとっても浮いてる気がしました。

来て暫くはグッタリとしてしまい、体は休まっても(それだけでも有難い話なのですが)心はざわざわと落ち着かない状態が続きました。神戸では余震の心配がないのでリラックス出来そうなものなのに、やっぱり心は東京にあって、地震速報を目にする度に揺れなくてもハッとしてる自分がいました。東京を離れることは気が進まなかったのですが、先週末の連休中はオットも一緒にこちらで過ごすことができ、なんだか家族で、しかも温かい家で食卓を囲める幸せをしみじみ感じました。ありがたや。

ここ神戸の人は1995年の阪神淡路大震災を経験しているため、「被災経験のある私たちだからこそ出来ることをしよう!!」という雰囲気を強く感じます。もちろん神戸だけでなく、日本中、いや世界中の各地で支援の輪が広がっており、「あぁ、人って色々なところでつながっているんだなぁ」と感じる毎日です。私ももう二、三日神戸で鋭気を養い、東京に戻ったら都の震災ボランティアをしたいな~と思っています(^^)。

さて、ブログの方も帰ったらヨルダン・シリア旅行記を続けたいと思っています。地震のニュースですっかり日本では注意がそれてしまいましたが、今は中東も歴史的な変化を遂げているときなんですよね。私たちが訪れた僅か2ヶ月前まではその影すらもなかったのに・・・本当に歴史というのは一夜にして変わっていくものなのだと痛感します。こちらももうこれ以上、尊い命が失われずに済むことを祈るばかりです。

えーっと、えーっと。
こういう状況で普通の話題を書くというのは逆に難しいものですね。

でもちょこっとだけ書くと、今日は母とぶらり嵐山に行ってきました。
まだ肌寒くて桜の季節には早かったのですが、逆にひっそりとしたお寺をゆっくり拝観することが出来ました。あと1週間もすれば桜が咲き始め、すごい賑わうのだろうなぁ。


c0149755_2294724.jpg

桜には早いけど、まだ梅を見ることが出来ました。紅白揃ってとても綺麗でした。

でも私がこの日一番印象に残ったのはこちらの碑。

c0149755_2294341.jpg

なんとこのあたりは「小倉餡発祥の地」なんだとか!(この碑があるのはニ尊院です)

そっか~。小倉餡の「小倉」って、ここ嵐山にある「小倉山」の小倉なんだ!「小倉百人一首」の小倉と同じなんだ!新発見でした。京都って奥が深いなぁ。


というわけで、次回は東京に戻ったらアップしまーす!
[PR]
by mihopoppo | 2011-03-23 23:20 | ◆東京日々雑感(67)
<< ただいま、東京 そして月曜日 >>