<< 50 Days Have Pa... New Year and A ... >>
A Month Has Passed !
c0149755_13351469.jpg

穏やかな穏やかな(束の間の・笑)ひととき。

・・・☆・・・

きちんと退院報告の記事も書けぬまま、怒涛の勢いで時間が過ぎてゆきます。。

おかげさまで息子は今月10日、生後15日目にしてやっと退院することができました。そして一昨日、記念すべき生後一ヶ月目を無事に迎えることができました!・・・すごい。すごい一ヶ月でした。何が何やらわからぬうちに、一ヶ月が過ぎていったというのが正直なところです。

「最初の1か月は大変だよ!」とみんなに言われていたけど、いやはや、これまでのものとは。。特に最初の1週間は本当~~にしんどかったです。こんなに小さな命が自分の手に委ねられてしまう緊張感、自分の退院後10日間に及んだ通院の疲れ、そこにやってきた連日連夜の睡眠不足、ホルモンのアンバランス、赤ちゃんを世話する体力。。そういうものが一気に押し寄せてきて、疲労と困惑に神経がピリピリと尖っていました(そして一生懸命協力してくれてる両親に八つ当たりしてしまったりして、反省)。毎日がすっぴんに眼鏡にユニクロの部屋着。下手すると顔を洗う余裕もなく、1階に食事をしに行く余裕もなく(ご飯は部屋に運んでもらったりしました)、心も身体も折れそうでした。いやはや、しんどかった。

それにしても、女性の体ってすごいです。以前書いたように、妊娠後期は辛かった。陣痛は身体がみしみしと音をたてて引き裂かれるかと思うくらいの衝撃だった。分娩は「ちょっと、タイム!赤ちゃん、一度お腹に戻します!」と言えたらどんなに楽かと思うほど、そして渾身の力を振り絞った暁に息絶えてしまうかも、というくらいしんどかった(←イメージ、鮭の産卵)。産後の傷は「満身創痍」以外の何ものでもないくらい痛かった。そんな肉体的負担の連続の末に、この不眠不休の日々がやってくるなんて!特に生後一ヶ月までのこれまでの期間は、肉体的負担に加えて神経をすり減らすという新たな負担が加わったような気がしました。・・・これだけ続くんだもん、女性が更年期に身体にしわ寄せが来るのも無理はありません。

でも、私が髪を振り乱してへとへとになっていたとき、大好きな友人がこんなメールを送ってくれました。「子どもを産み、育てることって当たり前のように扱われがちで、無事生後一ヶ月を迎えたからって誰も褒めてくれるわけじゃないけど、そこまでになりふり構わず、どれだけの苦労をしていることか、もっと讃えられて良いはずだよね」、と。そして、こんなへなちょこな私を大いに褒めてくれました。疲れた心にじわ~っとしみ込んだ優しい言葉に、感涙。他にも友人たちからたくさんのアドバイスをもらい、実家の母に支えられ、なんとかここまで来れたという感じがします。感謝です。

えーと、生後一ヶ月を経た今もモチロンしんどいです。でも最初のころに比べるとほんのちょっぴり、余裕らしきものが出てきました。コンタクトを入れる余裕。眉毛くらいは描く余裕。息子をリビングのハイローチェアに寝かせて、かわるがわる見てもらいながらちゃんとテーブルについて3食食べる余裕。お茶を飲んで一息つく余裕。。まだまだ眠さと疲労と不安との戦いは続きますが、日々少しずつ、すこ~しずつ、生活のリズムらしきものを考えられるようになってきました。

…なんだか「大変だー、大変だー」という愚痴に徹してしまいましたが、息子はかわいいです(^^)。

c0149755_13352760.jpg

最初は寝てばかりだったのに、最近はぐずったり、大声で泣いたり、抱っこを要求したり、ニヒっと笑ったり(反射笑いですが)、手がかかることが増えてきました。でも、それこそが成長の証。相変わらず標準より小さいしミルクの量も少ないですが、「栄養不足になったらどうしよう」という当初の心配はしなくていいくらいに、ミルクを要求するようになってくれました。これは本当に良かった。たくさん飲んで、大きくなってね。幾つかマイナートラブルを抱え定期的な通院が必要な息子ですが、健やかに成長してほしいものです。

c0149755_13352697.jpg

手足の力も強くなってきて、オムツ替えのときはなかなか大変になってきました(特にウンチのときは。。お食事中の方がいらしたらすみません・笑)。

まだまだ毎日がいっぱいいっぱいで「こんな日々がいつまで続くんだろう。。」と思うこともありますが、3か月に入ったら少し楽になる、という経験者の皆さんの言葉を信じて頑張りたいと思います。

あ、そうだ。オットはイクメンになりそうな気配たっぷり、息子にラブラブです( ´ ▽ ` )。

c0149755_17315692.jpg

仕事に行かざるを得ない週末も、間を縫って会いに来てくれます。私もオットの顔を見るとホッとするのでありがたや。

…ちなみに息子のことをブログでなんて呼ぼうかなぁ、と考えてました。夫はオットなので息子もムスコでいいのですが、実生活同様、名前から一字とってたまに「たっくん」と呼ぼうかな。

みんなに誕生を祝福され、たっくんは幸せな赤ちゃんだねぇ。
そんな風に毎日語りかけています(^^)。

次の更新はいつになることやらですが、寒い毎日、皆様どうぞご自愛ください!
[PR]
by mihopoppo | 2013-01-28 16:05 | ◆息子(0歳)
<< 50 Days Have Pa... New Year and A ... >>