「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:◆国内ぶらぶら(12)( 18 )
甥っ子&姪っ子の門出旅行 in Hakone
c0149755_10573817.jpg

5月の北海道、開陽台にて。爽やかな空気が懐かしいです。

・・・☆・・・

既に暦は7月下旬。4月から通ってた講座の期末試験が先週終わり、授業も残すところあと1回。来週は試験の講評のみなので宿題もなく、なんだか久しぶりに時間がたっぷりある気がします。何より暑い中、講座に通わなくていいのかと思うとほっとするなぁ…(はい、例え週一回でも・・・。14時スタートだったので通学時は炎天下だったのです。)。

それでも今年は梅雨もさらっとしてたし、梅雨明け、早速猛暑かと思いきや、とっても涼しい週末が訪れたりして過ごしやすかった気がします(^^)。特に先週からは寝苦しい夜がずっと続くかと思ってただけに、ちょっとご褒美をもらった気分。数日ぶりに暑さに目覚めることなく、ぐっすりと眠ることが出来ました。

そんな週末のことですが、両親&甥っ子に姪っ子、そしてオットと私、というメンバーで箱根に一泊旅行に出かけてきました!・・・実は今回の箱根は「思い出作り旅行」です。この夏からシドニー駐在が決まった兄一家。本当は兄夫婦も一緒に行くはずだったのですが、思いがけず出発が早まり、兄は昨日既に渡豪。義姉は引越しの準備で忙しく、両親が子どもたちだけを連れてのんびり遊びに行くことになりました。それに私たちものんびり合流です☆

今回はカメラを持って行かなかったので全然写真を撮ってないのですが・・・

現地集合だったので、行きはオットと電車に乗って行きました。

c0149755_16412546.jpg

途中、小田原でランチ♪ オットが予め何軒か調べてたお店から割と駅に近い「Ryo」というお店に入りました。賑わってたし美味しかったし、お値段もリーズナブル!今年初めての生シラス、ぴちぴちでほろ苦くて美味しかった~(^^)。

c0149755_16414317.jpg

そして私が頼んだ、その名もズバリ「欲張り天丼」・・・(笑)。お得なランチセットメニューの中にも「エビ天丼」と「アナゴ天丼」はあったのですが、「海老も食べたいけどアナゴも食べたいし、野菜も食べたい・・・」と欲張ってこちらにしちゃいました。これも美味しかったです!天ぷらが大きくて、タレも丁度いい感じ。そしてボリューミー・・・(笑)。でも結局途中でお腹いっぱいになり、オットにだいぶ手伝ってもらう羽目に。その後小田原城まで歩く間、「お腹いっぱーい!お腹いっぱーい!」と連呼する私にオットは「欲張るからでしょ」と呆れて笑っておりました(^▽^)。

箱根では両親の定宿、エクシブ箱根離宮に宿泊☆

c0149755_16415025.jpg

夜はみんなで美味しい中華料理を頂きました(^^)。写真は前菜のみしか撮っていません。。(笑)

c0149755_1642227.jpg

もう来週引っ越してしまう甥っ子&姪っ子。赤ちゃんのときからその成長を見てるだけに、小学校5年生と1年生になった今でも可愛くてしょうがないです。大きくなったねぇ。そしてシドニーでもっと大きくなっておいでね。

思えば私がサンフランに渡ったのも、今の姪っ子と同じ小学校1年生の夏。適応能力の高い年頃といっても、右も左も自分の名前の書き方さえもよく分からない環境に放り込まれ、子供は子供なりに苦労するものです。そして帰国すればしたで、また違った苦労と葛藤があります。帰国子女になるというのは世間が思うほどお得なことばかりではなく、中には本当に屈折したり挫折したり、アイデンティティ・クライシスを起こす人も多いのです。でもみんなその苦労を自分なりにひっそりと乗り越え、消化し、努力し、海外に暮らしたことを自分の財産としていくのだと思います(あれ、でもオットはそんな葛藤はあまりなかったと言ってた気が・・・今度聞いてみようっと。)。甥っ子と姪っ子もこれから沢山の壁にぶつかるかもしれません。でもどんな壁にぶつかろうとも、どんな苦労をしようとも、この時期に海外の風にあたれるのはかけがえのない財産!思いっきり楽しんで、逞しくなって帰ってきてほしいと思います。今まで近くで成長を見守らせてくれてどうもありがとう♪ 

c0149755_16421113.jpg

オットと抱き枕バトルをして喜ぶ子どもたち。こういう体育会系の遊びは両親や私ではとても対応できません(^^;)。特に姪っ子は喜んじゃって、この後しばらくハイテンションでした(笑)。いつも家族行事に快く付き合ってくれるオットにも感謝です☆

日曜の箱根はあいにくお天気が悪く、雨は免れたものの深い深い霧に包まれていました。それでも子どもたちはおじいちゃん・おばあちゃんとロープウェーに乗ったり芦ノ湖の海賊船に乗ったり、箱根を楽しんだもよう。私とオットはゆるりとオトナの休日の朝を楽しませてもらい、お昼に合流してランチ、そして解散となりました。

うっそうとした箱根の山の景色や美味しいお食事、そして甥っ子と姪っ子と過ごした週末。
特に何をしたというわけではないけど(成川美術館には行きましたが)、リフレッシュした週末でした。

そして可愛い二人と数年間のお別れです☆
いいことが沢山沢山ありますように!
遊びに行くから、遊んでね~(^^)。行ってらっしゃい!
[PR]
by mihopoppo | 2012-07-23 17:23 | ◆国内ぶらぶら(12)
無事帰還、しかし・・・
無事に北海道から帰ってきました!

最終日もとても楽しく、北海道の人の温かさに触れて感動した一日だったのですが・・・

が・・・

思ってもみなかったアクシデントに見舞われテンテコマイでした(--;)。


それは「あぁ、おうちに着いたね!ただいま~!」とドアを開けた瞬間。。

何か異臭がします。発生元はどうやら台所のようです。
・・・生ごみ?でも出発前に全部綺麗に捨てたし。。腐るようなものないし。。


そして、冷蔵庫を開けて絶句(いや、絶叫したかったのを抑えての絶句)!

電気が落ちてる~~~~!!
もわんと漂う温かさ、食品の腐敗しきった悪臭。冷蔵庫だったんだ!!

冷蔵庫も冷凍庫も、大事に保存していたお肉もお魚も食材も、全てがダメになっていました。この腐りっぷりからして、1日や2日なんてものではなかったと思います。多分1週間くらいはたってたんじゃないかな。。その臭さと言ったら言葉にしようもないほどでした。

オットと2人、休む間もなく掃除開始。とにかく全てを捨てて行きます。悲しい。。買いそろえていた食材を調味料まで含めて根こそぎ処分するなんて、主婦にとっては財産を奪われたに等しい気分です。冷蔵庫の中のパーツを全て外して洗って、中を水ぶきして、消臭剤をシュッシュシュッシュと巻き散らして。。幾分良くなりましたが、正直冷蔵庫自体はまだまだすっごい臭いです(涙)。あまりの臭さにもう扉を開ける勇気がありません。そして台所もほのかに臭いです。


びっくりしたなー、もう。。今年はタイ旅行から帰った途端に実家でハプニングがあり、北海道から帰った途端にこんなハプニングあり。旅行明けは注意すべし!ということでしょうか。「新しい冷蔵庫買えばいいんだし、まだお金で済むことで良かったよ」と我がオット。本当にそうなんだけど、そして食材と自宅の異臭だけで済んで良かったんだけど、本当に色々なことがあるなぁと思いました。


明日は新しい冷蔵庫を見に行かねば!
[PR]
by mihopoppo | 2012-05-09 23:33 | ◆国内ぶらぶら(12)
旅も終盤
さて、旅もあと二日を残すのみ。

大雨や雷雨に見舞われたし、ウニには予想通りありつけませんでしたが(残念…)、要所要所で素晴らしいお天気に恵まれました。さすがオットは晴れオトコ♪ きちんと底力を発揮したようです(笑)。

c0149755_22225072.jpg

羅臼岳と知床峠。前夜まで絶望的なほど大雨だったのにこんな青空になりました。

c0149755_23125542.jpg

養老牛温泉の素晴らしい温泉宿、「湯宿だいいち」のロビーにて。宿泊した夜は激しい雷雨で電気が落ちたりもしましたが、翌朝は穏やかな晴天になりました。このお宿、とにかくお部屋もお食事もお風呂も素晴らしい!何よりもおもてなしの精神が隅々まで行き届いていて、本当に気持のよいお宿でした。北海道一のオススメです☆

c0149755_22434347.jpg

多和平の眺めも爽やかでした。見渡す限りの牧草地に青い空。そして不思議なくらい人がいなーい!「どうしてこんなにお天気いいのに誰もいないんだろう??」と言ったら「今日は平日だからでしょ」とオット。そうだそうだ、もうGWは終わってるんだった。妻はのんきなのでありました(笑)。キャンプ場もあるし、夏は混むんでしょうね!またその季節に来てみたいなぁ。


c0149755_22434111.jpg

こちらは今日の摩周湖。珍しく霧の出てない摩周湖です。静かで神秘的な湖面に吸い込まれそうでした。お天気はこの後下り坂だったのでギリギリ見られた感じです。

…そんなこんなで、充実した旅もあとわずか。明日は帯広をぷらぷらして夜には札幌いり、明後日のフライトで東京に帰ります。荒天続きで少し心配ですが、無事に帰れますように。
[PR]
by mihopoppo | 2012-05-07 21:50 | ◆国内ぶらぶら(12)
北海道も雨
c0149755_2319777.jpg

焼尻島にてサイクリング。

・・・☆・・・

せっかくの連休なのに全国各地で大雨。。皆様ご無事でお過ごしでしょうか。本当にすごい雨のようですね。

北海道も昨日までは写真の通りの晴天(で、サイクリング日和!)だったのですが、今日の夕方から雨模様になりました。しかも予報は来週の頭までずっと雨…(笑)。オット曰く、「雨なら雨の楽しみがあるさ」とのこと。確かにそうだねー。幸い本も持ってきたし、お宿でのんびり読書も悪くないね。

今日は旭川から北見をまわって屈斜路湖に。
明日からは羅臼に入ります。

羅臼はウニの季節。
羅臼のウニは最高なのです♪( ´▽`)

…が、この悪天候でウニ漁の船が出ないんじゃないかと、それがとても心配です(´・_・`)。

行ってみてのお楽しみにしたいと思います!
[PR]
by mihopoppo | 2012-05-03 23:02 | ◆国内ぶらぶら(12)
北海道よりこんにちは
c0149755_16513763.jpg




タイトル通り、北海道よりこんにちはです( ´ ▽ ` )ノ。

細々とタイ旅行記の写真を編集してる間にGWに突入してしまいました。四月から新たに習い事というか、たしなみ事(?)が始まったため、本当に牛歩のごとき編集作業だったのですが…「全然すすまなーい!」と思ってるうちに連休到来。10日間の北海道旅行に来ています。

昨日札幌に到着し、今日はフェリーで天売島(てうり、と読みます)までやってきました。日中は強風吹きすさぶなか、サイクリングを試みた私たち(笑)。あまりの風と上り坂に途中で心が折れそうになったけど、無事に島を一周することができて達成感でいっぱいです☆

北海道は春の息吹でキラキラしています。

c0149755_19373130.jpg


美味しいものも満載なので、適度に運動しつつ海の幸や山の幸を堪能してきたいと思います!

皆様もよい連休をお過ごしくださいませ( ´ ▽ ` )ノ。

帰ったらタイ旅行記を書くか、北海道旅行記を書くか悩ましいなぁ。。
[PR]
by mihopoppo | 2012-05-01 16:37 | ◆国内ぶらぶら(12)
10月もあとわずか
c0149755_13131646.jpg

紅葉前の京都より帰ってきました。まだまだ木々は緑~黄色。
今年の紅葉はいつ頃なのかなぁ(^^)。

・・・☆・・・

2泊3日の京都旅行より帰ってきました~。といっても月曜日の夜に帰ったのですが。でも、わずか3日間家をあけるだけで洗濯ものはたまるし、床に埃はたまるし、もう年末も近いし、やることがそれなりにあります。夫婦二人の暮らしでも、雑事はそれなりにあるものですね☆ 

さて、今回の京都では八瀬宿泊だったので、初めて三千院、寂光院、瑠璃光院に足を運ぶことができました。初日には大好きな銀閣寺にも行けたし、土砂降りで大変でしたが鞍馬の火祭も見られたし、美味しい~あんみつも食べられたし(笑)、楽しい旅となりました。

その記録も書きたいのだけど、まずは書きかけのハワイ旅行記を完成させないと。。
また未完の旅行記が増えるのだけは避けたいところっ。

なので次回はまたハワイ旅行記に戻ります♪

次回・・・11月になっちゃうかなぁ(笑)・・・。
[PR]
by mihopoppo | 2011-10-26 13:24 | ◆国内ぶらぶら(12)
湯もち♪
「あっ。」・・・という間に9月突入ですね!
毎月毎月のことながら、月の変わり目には「早いなぁ」と感じてしまう自分がいます。

8月ももう終わってしまった。自分の夏休み気分も終わりにして、9月の訪れとともに気合いを入れ直さねば!・・・そう思って昨日から、30分ほどですが早起きを開始しました。これに慣れたらまたちょっとずつ早めていって、最終的にシャキーン!!と早起きできるようになるのが私の目標。。そう、恒常的な早起きは私の永遠の人生の目標。。その証拠にオットには「年に数回、同じ決意を聞かされてる気がする」と笑われてしまいました(笑)。どうも早起きに関しては、キリリと巻いたネジがすぐ緩んでしまうようです(^^;)。

でもその目標を何とか今年成し遂げてみたい・・・と思いつつ今年も残り4ヶ月。いつか「習慣で6時前には目が覚めるの~」なんてセリフを呟けるようになるため、今月から頑張って起きようと思います。目標小さい?いいよねー。

さて、夏休みの締めくくりに、というわけでもなかったのですが、8月末に母と2人で箱根に行ってました。

車でとことこ、以前も行ったエクシブ箱根離宮へドライブです(母が・笑)。

特に何をしたわけではありませんが、

c0149755_1112493.jpg

綺麗な山を眺めながら「空気がいいねー」と深呼吸したり。

c0149755_1112829.jpg

美味しい中華料理を頂いたり。
(これは金華ハムをベースにした、とろ~っとしたスープに、ふかひれや野菜を入れて頂く一品。スープの美味しさにノックアウト!)

あとはお風呂に入って、ゴロゴロして、ゆ~るりのんびり過ごしてきました(^^)。

で、今回箱根のお土産に買ってきたのがこちらの和菓子。

c0149755_1047568.jpg

箱根の和菓子屋さん「ちもと」の湯もち。有名なお店だそうで、お客さんも沢山いらっしゃいました。

c0149755_10475463.jpg

ふわっふわのマシュマロみたいなお餅に、柚子の香りと小さな羊羹が練り込まれています。お餅がとにかくふわふわ~!見た目より甘みが強いかもしれませんが、美味しく頂きました☆ ・・・あ、何かしっくりこないと思ったら、お茶とお菓子が左右逆に置いてあるんだ!

箱根は緑も深く、空気も清々しく、風には秋の気配が漂っていて大変美しゅうございました。特に何もしてないけど、自然のエネルギーをもらってきた気がします。自然回帰願望が芽生えつつある私にはとてもrefreshingな時間になりました(^^)。

c0149755_1112039.jpg

母よ、連れてってくれてありがとう~♪ 次回はちゃんと美術館に行こうね。

「ゆるゆるふわふわ納め」の箱根旅行でしたとさ(^^)。



・・・さ、気合い、気合い!
(でも台風の湿気と気圧でぼへーっとしがち。困った。)
[PR]
by mihopoppo | 2011-09-02 11:57 | ◆国内ぶらぶら(12)
東鳴子温泉・モニタープラン体験記~後編~
c0149755_22105165.jpg

初めてのかんじき。意外と簡素な作りでびっくり。

・・・☆・・・

前回に引き続き東鳴子、「旅館大沼」さんの体験モニターについてです!今回は私たちが体験させてもらった東鳴子の冬遊びを駆け足でご紹介したいと思います(^^)。その全てが私にとっては初めてで、とっても楽しく過ごさせて頂きました~。

◆かんじき履いて、雪原歩き

宿泊2日目のお昼は、ちらちらと降る雪の中を元気に歩いてみました。

c0149755_22243750.jpg

バスから降りたばかり。元気です(躍動感あり・笑)。ちなみに長靴は旅館で貸してもらったもの。

c0149755_22121344.jpg

地元の方がかんじきの履き方を説明して下さいました。かんじき自体はとても簡素なつくりです。結び方にコツがあるそうなので、みんなで紐のくぐらせ方を覚えました。考えてみると、スキー場以外でこんな雪の中を歩くなんて初めてかも。都会の雪はみんな除雪されていますものね。私も地元のおじさまに右足だけはかせてもらい、左足は自分で頑張り、さ、いざ雪の上へ!少し離れた炭焼き小屋まで向かいます。

c0149755_22122381.jpg

・・・えぇ、えぇ、へっぴり腰もいいところですけど歩くのは楽しかったです(´∇`)。そして間もなく左足のかんじきが、そしてその後しばらくして右足のも脱げましたけど(笑)。

c0149755_2215273.jpg

皆さん童心に帰ったようで楽しかったとおっしゃってました☆ この後、炭焼き小屋で点火式に参加させていただき、雪歩き終了となりました。

◆きのこの埴菌

雪歩きの後は、廃校となった中学校の校舎(さまざまな活動のために校舎自体は保存してあります)に行きキノコの埴菌をさせてもらいました。キノコはその菌をほだ木に植え付けて育てるわけですが、きちんと収穫できるようになるまで4~5年かかるとのことです。スーパーで売られている大量生産型のものは数週間で収穫できるものを育てているのですって。自然なものは時間がかかるなんて、知らなかったなぁ。しかもその埴菌の仕方、皆さんご存知でしょうか。私は「ピンセットとかでチョイチョイっと付けていくのかなぁ」と思っていたのですが、いえいえ、もっと楽しくて面白いものでした!

c0149755_21432249.jpg

1.まず電気ドリルで木に穴をあけていきます。端っこから13~14センチ間隔。
2.開け終わったら、耳栓くらいの大きさのコルクのようなもの(これがキノコ菌)を開けた穴に埋めていきます。
3.そしてそれをハンマーで叩くのです☆ ゴンゴン、っとかなり深くまで。これがストレス解消になって楽しい!
4.綺麗に埋め終わったら終了です!今回植えたのはなめことしめじ?でしたっけ?4,5年後、収穫できたらなんと参加者の自宅に送ってくださるんだそうです。収穫の頃にはすっかり忘れてそうですけど(笑)、楽しみ~♪ 

◆鬼首で交流会

c0149755_22123882.jpg

夜は鬼首(オニコウベ)という町まで足をのばし、音楽ステージに改装された民家の大きな蔵で民話をうかがいました。優しい~お声に、ちょっとウトウト(すみません)。。民話の後は、この地方で取れたお米で作ったおにぎり、キノコ汁を頂きながら地元の方との「音楽交流会」が始まりました。たまたま前列に座っていたためステージに引っ張り出されたオットとワタシ。まさかここでオットが「愛の讃歌」をアカペラで歌い、私が「ネコふんじゃった」を変奏曲にして弾くことになるとは思ってもいませんでした(笑)。。「ネコふんじゃった」をね、ショパン風・ベートーベン風・モーツアルト風・ユーミン風で弾くように指示を頂きましたのです。・・・ここで実感したのは、「一芸って大事!!」ということです。こうして引っ張り出されたとき、何かドカンと一芸を披露して颯爽と退却できるようにならねば。でもベストの一芸ってなんだろう・・・手品とか?モノマネとか?今年は何かを見出だしたいと思います。この夜は何だか妙に濃いぃ鬼首の皆さん、そしてその濃さに妙にシンパシーを感じてるオットと楽しいひとときを過ごすことが出来ました(^^)。

と、二日目のアクティビティにはこんな感じ。

そして三日目はコケシの絵付けを体験したのですが、長くなってしまうので下の折り込みに閉じ込めておこうと思います・・・(笑)。ご興味ある方はどうぞ!

コケシの絵付け!
[PR]
by mihopoppo | 2011-02-25 21:43 | ◆国内ぶらぶら(12)
東鳴子温泉・モニタープラン体験記~前編~
c0149755_12415614.jpg

ゆるふん白頭巾、雪原を駆けるの図。(躍動感ゼロだけど、一応走ってるつもり)

・・・☆・・・

3月末までに終わらせたいと思っていたヨルダン・シリア旅行記。やっとペトラに到着していざ遺跡へ。。。というところではありますが、ここでヨルダン旅行記を再び中断し、先週末に行った東鳴子温泉についてささっと書きたいと思います!ペトラ遺跡をお待ちの方、すみませぬ。ペトラへの道のりは遠くて長いのでありました(笑)。

さ、気持を切り替え、温泉温泉・・・と。


c0149755_12563651.jpg

さて、今回2泊3日で行ってきたのは、宮城県の東鳴子にある「旅館大沼」という温泉旅館。実はここ、訪れるのは今回で2回目になります。初回はさかのぼること数年前、当時まだ付き合っていたオットと「東北温泉旅行」(とにかく東北の秘湯をハシゴするという、部活の合宿のような旅行)をしたときにお世話になりました。というわけで私たち夫婦にとっては懐かしい場所である東鳴子。今回はこの「旅館大沼」さんが主宰する『鳴子の冬遊び・雪暮らし~体験モニター宿泊プラン~』というプログラムのモニターとして参加してきました!

この大沼さん、HPをご覧頂くとお分かり頂けるのですが、実に沢山の「湯治プラン」というのを企画しています。本物のお湯を持つ「古き良き温泉街」が廃れゆくこの厳しい時代に、伝統を守りながらもなんとか鳴子を盛りたてて行こうと努力する女将さんと社長さん(社長さんは海老蔵似!柔和な海老蔵です^^)。そんなお二人が率いるこの昔ながらの旅館と極上のお湯を愛する常連さんも多く、今回の体験ツアーはそんな常連オジサマ・オバサマたちと共に、鳴子の自然を体験するものとなりました(なぜかみんなキャラが濃い目・笑)。

c0149755_13472118.jpg
行きは新幹線と在来線を使ってゴトゴトと鳴子へ。集合場所である川渡温泉駅へ向かいました(旅館の最寄り駅はお隣の鳴子御殿湯駅です)。駅には旅館大沼さんの研修生であり、今回のプランの立案者であるスズキさんがマイクロバスで待っていてくれ、今回の企画の趣旨をご説明。「冬の鳴子の風景、魅力を知って頂きたい」との言葉に「ふむふむ」と納得。雪深いこの時期に、鳴子まで来る人はそんなにいないのかも。

しかし何はともあれまずはお昼ご飯!
c0149755_1454554.jpg

山小屋風の可愛らしいお蕎麦屋さん「蕎壽庵」で手打ち蕎麦を頂きました。参加者の自己紹介を終えた後、テラスにやってくる小鳥たちを見ながら食べるお蕎麦はとても美味!鳴子のお水や空気が綺麗なことが、お蕎麦を通して伝わってきました。

c0149755_1495178.jpg

昼食後は漆工房の見学へ。職人さんのお話を聞きながら「本物」の漆器に触れる貴重な時間。手にした漆器はずっしりとした厚みと温かみ、透明感のある光沢、そしてつるっつるの滑らかさを持つ、とても美しい食器ばかり。職人さんの心と技に感激しながらも、大量生産のこの時代に伝統を守り続ける大変さをうかがうことが出来ました。しかしひょいとお値段を拝見したところ、「お椀、6つ揃えたら・・・た、高い!Σ(・ω・)」とお値段にもびっくり。やっぱり手間がかかるものは高価なのでありました。

さて、この日は15時頃旅館に到着し、あとはお夕飯まで自由時間。
私たちはこの旅館の貸し切り露天風呂の予約をし、さっそくお湯の恵みを堪能してきました♪

c0149755_1315876.jpg
お宿から車で5分ほど(送迎付き)のところにある貸し切り露天風呂「母里の湯」。大沼さんの温泉は、内湯もとーっても気持がいいのですが(植物性のモール泉)、こちらの露天も本当にステキなのです。環境もさることながら、その柔らかいお湯にお肌も心も肩こりもゆるゆると溶けていきます。あ~、今こうして書いていても入りたくなるなぁ。。(笑)。

このお宿は近くに山荘もお持ちなのですが、この山荘もとってもステキ。

c0149755_16485554.jpg

初日のお夕飯はこちらの山荘で心づくしの美味しい野菜料理を頂きましたが、この露天と山荘だけでも鳴子まで来る価値あるかも、と思うような素敵さでありました(あ、ちなみにこのお食事は今回の企画のためのスペシャルメニューだったそうです。野菜だけなのにボリュームもあって美味しくて、板長さんの実力を感じました)。・・・それにしても、数えてみたら前回ここを訪れてから7年がたっていたのですが、なーんにも、なーーんにも変わってなかったなぁ。素朴で、温かくて、お湯は最高(お食事も美味しい)。女将さんと社長さんの温かいお人柄がそのまま旅館全体に反映されたような「旅館大沼」さん。建物は古いですが、おもてなしが気持よいのです。私たちもこれを機会に常連入りを決意しました(^^)。


さ、駆け足ですが次は鳴子で体験した冬のアクティビティをざざっとご紹介したいと思います☆

つづく。


◆貸切露天風呂の旅館大沼
〒989-6811 
宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34 
tel:0229-83-3052(代)
部屋でネットが使えます、便利です☆

あ、せっかくなので日本酒情報を。
[PR]
by mihopoppo | 2011-02-22 14:55 | ◆国内ぶらぶら(12)
鎌倉・報国寺へ
c0149755_15303028.jpg

紅葉の渦巻き。秋ですのぉ。。

・・・☆・・・

11月最終週を迎えた先週の土曜は、夫とぶらぶら鎌倉に遊びに行きました。前回行ったのはちょうど1年くらい前。もう1年もたったのか~。。と思いながらトコトコお散歩を楽しみました。

小町通りを抜け(すごい人!)、お昼を食べ(これについては後日改めて)、鶴岡八幡宮を見て(これまたすごい人!)、今回向かったのは竹寺としても有名な報国寺。ここは私の大好きなお寺なのです☆・・・というのも、私は10歳の頃から足掛け15年くらいずっと鎌倉の整体の先生にかかっていて、本当に鎌倉にはよく足を運んでいました。いつも先生に見てもらってから母とお寺に行ったり、コーヒー飲んだり、お昼を食べたり。。鎌倉は私にとっては思い出の地なのです(^^)。

辿り着いた報国寺は、やはりすごい人!!昔はもっとひっそりとしたお寺だったと思うんだけど・・・。季節のなせる業か、週末のなせる業か、その相乗効果か。

c0149755_15305247.jpg

それでもやっぱり大好き報国寺。しっとりとした情緒が漂います。紅葉はこんな風に紅と緑のハーモニー。

ぶらぶらとした後は奥の竹のお庭へ(^^)。

c0149755_15305046.jpg

ここからは別世界のようでステキなのです。お邪魔しま~す。ちなみに入場料は200円。

c0149755_15304471.jpg

森林浴ならぬ竹林浴。深呼吸、ふは~~。

c0149755_15304129.jpg

上を見上げてふは~~~~~~。

c0149755_15304767.jpg

せっかくなので奥にあるお茶屋さんでお抹茶を頂くことにしました。昔、よく母に連れてきてもらったなぁ。私にとっては懐かしの場所。ここもすごーーーく人が多くてびっくりしたけど、運よく竹庭に面した最前列にお席をとることができました。

c0149755_15303927.jpg

お茶、二つ。(あ、お懐紙が逆を向いている!)
・・・・あれ、でも私の記憶が確かならば、昔は確か鳩ぽっぽの落雁が出されていて、それも結構沢山もらえたはずなんだけど・・・落雁二つになってる・・・。まぁこれも時代の趨勢でしょうか、四の五の言わずに有難くいただきました。ほっこりほくほく、報国寺。

c0149755_15303313.jpg

そういえば去年の紅葉の頃、夫は仕事が死にそうに忙しくて全く秋を楽しむことが出来なかったのです。今年も同じ状態になるんじゃないかと危惧してたけど、どうにか一日リフレッシュできて良かったねぇ。私も夫も鎌倉好きなので、よい気分転換になりました。

しかしいつ来てもいいねぇ、鎌倉は☆
そしていつか京都の紅葉も見に行けるといいなぁ。ああいう「あたり一面、燃えるような紅!」というのは関東ではあまり見られないのかもしれません。


皆さんもよい秋をお過ごしください(^^)。

鶴岡八幡宮で・・・
[PR]
by mihopoppo | 2010-11-29 22:25 | ◆国内ぶらぶら(12)