<< 変化? 早咲き河津桜! >>
バリ島旅行記⑦~レギャンへ~
c0149755_21411995.jpg

バリ旅行記も残すところあと4日(まだ4日もある)!ややはしょり気味で、前進前進☆

・・・☆・・・

【Day 5: Jan.11th, 2010】

明け方の激しい雷雨で目が覚めたバリ島5日目。この日は楽しかったウブドを発って海沿いのレギャンまで移動する日です。ウブドからレギャンまではまっすぐ走れば1時間半くらいの距離だそうですが、私たちは車を半日(6時間)チャーターしてあちこちに寄り道しながら向かいました。
c0149755_22413454.jpg

色々連れてってもらったなかでバリならではの光景を見られたのはティルタエンプル寺院!このティルタエンプルは聖なる水が湧き出ることで有名な寺院です。その水は「不老不死の水」といわれ、今でも使用されている沐浴場が設置されています。


c0149755_2141465.jpg
古今東西、宗教的な施設では当然のマナーとなっていますが、ここバリ島でも寺院にお邪魔するときは肌の露出はNG。ここでは膝から上は覆わねばならないそうですが、ショートパンツ着用の方には入り口で腰布を貸してくれます。更に入場者は全員黄色の帯を巻くことも必要ですが、この帯も入り口で貸してくれるので心配ご無用☆ 

ちなみに黄色は神聖な色なんだそうです。腰にぎゅっと巻くだけでちょっと気分が引き締まる感じ。小雨降る中、ゆるゆると見学させていただきました。


そして囲われた塀の中にあったのが・・・

c0149755_1145020.jpg

ティルタエンプルの泉です!正直この泉を見るまでは「普通の寺院だなぁ」という印象でしたが、水面に波紋を広げながらふつふつと湧き出でるこの泉を見たら「なるほどー!」と納得する思いでした。この澄み切った水は確かに神秘的。聖なる水、うーん、納得。見る価値あり!

いつの間にか雨もあがり強い日差しがのぞいた頃、何やらワイワイガヤガヤと人が集まってきました。

c0149755_21413165.jpg

皆さん正装でたくさんのお供え物を持参。その様子に目を奪われていると、ガイドさんが「これからどこかの村のお祭りがあるみたいですよ」と教えてくれました。バリはお祭りの多い島で毎日あちらこちらでお祭りが行われると聞いてはいたのですが、この有名なティルタエンプルで遭遇できるとは☆ しばらく様子を見学させていただくことにしました。

c0149755_21414875.jpg

バリの人にとってこのお祭りはとても大切な行事らしく、その日はもちろん仕事も学校も休み!文字通り村人総出となるようです。私たちが隅っこで待っている間にも続々と村の人が集まってきます。その数増えに増え、我らもそれに合わせてより隅っこへ、限りなく隅っこへと移動(笑)。

c0149755_21415997.jpg

あっという間に広場はいっぱいに。

c0149755_21423898.jpg

本当に小さな子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで沢山の人!後方ではお坊さんが準備を始め、しかしなかなか儀式は始まらず・・・残念ながら我々も移動の時間を迎えてしまいました。でもこの光景を見られて良かったなぁ。バリの人々にとってのお祭りや村の結束の大切さを少しだけ理解できたような気がします。そうそう、バリでは「村」の結びつきがとても強く、何かの制裁に「村八分」の制度もまだあるのだそうです。ガイドさんが「村八分はとてもコワイ。絶対イヤです。村にいられません。」と言っていたのがとても印象的でした。東京で暮らしてたら「隣近所もよく分からない」というのが当たり前ですものね。バリでは村単位の文化が根付いているのだなー。。と改めて認識することが出来ました。

c0149755_21425171.jpg

この後はキンタマーニ高原の景色を見たり、コーヒー農園に連れていってもらったり。あちらこちらに寄り道して(そしてその度にお土産屋さんがセットでくっついてくるので・笑)多少疲れを覚えながらレギャンに到着しました。

海沿いのクタやレギャンはバリ最大の繁華街エリア。「ウブドとは雰囲気も人も違う。悪い人も多いから、知らない人と長話はしないで気をつけてくださいね!」とガイドさんが注意事項を説明してくれてこの日は解散となりました。・・・確かにここはのんびりゆるゆるとしたウブドとは違い「いわゆる観光地の繁華街」という雰囲気だなぁ。緑豊かなウブドが恋しいなぁ。。と早くも小心者の私は腰が引け気味(´・ω・`)。

それでもホテルの近くに安くて美味しいワルンを見つけて(←見つけたのは夫)、腰が引けながらも夜はしっかりインドネシア料理をいただきました(^▽^)。

c0149755_21441347.jpg

Warung Yogyaでソトアヤム(鶏肉のスープ)。レギャンはオーストラリア人観光客が多いのでオージーバーみたいなお店が多いのですが、そんな中でみんなに愛されている定食屋さんでした。ここもフルーツジュースが安くて美味しい♪ レギャンにお出かけの際は是非探してみてくださいね。

さて、これからレギャンぶらぶら、そしてボロブドゥール遺跡へと続きます☆

つづく。
[PR]
by mihopoppo | 2010-02-21 23:35 | …バリ島(11)
<< 変化? 早咲き河津桜! >>