<< ヨルダン・シリア旅行記⑭~ダマ... ヨルダン・シリア旅行記⑫~いざ... >>
ヨルダン・シリア旅行記⑬~ダマスカス旅行・その1~
c0149755_8503810.jpg

Beit Al Wali Hotelの美しい中庭。うっとり(*´∇`*)。

・・・☆・・・

【Day 7 午後: January 5, 2011】

さて、2泊3日のダマスカス滞在で宿泊したのはBeit Al Wali Hotelという5つ星のリヤドです。ここはと~っても素敵なお宿で、三十路だけど気分はまるでお姫様・笑。…しかしバリバリ「バックパッカー!」という格好で乗り込んだ私たちは一歩足を踏み入れた瞬間「あ、こんな格好ですみませんっ」という気持ちになりました・・・(笑)。

c0149755_850593.jpg

お部屋の写真がうまく撮れなかったので伝わらないのがなんとも残念なのですが、客室は居心地良く、インテリアも美しく、部屋のスペースの8割を占めるかと思われる大きなベッドは寝心地が最高!立地も旧市街の中で、スークやウマイヤドモスクのある中心地まで徒歩10分ほどの便利な場所にあります。

c0149755_850453.jpg

ここBeit Al Wali Hotelの最大のおすすめはこの綺麗なcourt yard (中庭)。冒頭の写真もそうですが、このホテルにはこんなに綺麗なcourt yardが二つあるのです。シリアに限らずアラブ圏はどこもそうだと思うのですが(モロッコもそうだった)、リヤドは外観から内部の様子が一切うかがえないため、足を踏み入れて驚嘆することが多いです。外から見るとただの土壁がそびえたってるだけのに、中は吹き抜けになっていて広くてとーっても気持が良いのです(^^)。そしてそして、到着後にここでくつろぎながら調べ物をしていたオットと私・・・

c0149755_8505255.jpg

感じのよいスタッフの方がお茶をサーブしてくださいました。嬉しい・・・。
なんかみみっちいことを言うようですが、無料です(^^)。あれ、貧乏くさい?
とにかく予想外のサービスに感激・感謝していると・・・

c0149755_8505634.jpg

なんとお菓子まで!これはムハラビーヤと呼ばれるライスプディングで、米粉をミルクで固めた中東のスイーツ。ふんわりもっちりとしたプディングの上にはココナッツ・アーモンド・ピスタチオがのっているのですが、街中で見かけるものはもれなく赤いチェリーも乗っていました。とっても優しい、あっさりとしたお味でした♪ でも中庭にいるだけでこんなお茶とお菓子を頂けるなんて・・・かえって恐縮します(笑)。でもおかげさまで、この中庭で過ごす時間がとても楽しく優雅なものになりました。

さて、そんなわけで思いがけずゆっくりとした時間を中庭で過ごした後は、夕食に向かいがてらダマスカスの街をぶらぶら散策しました。

c0149755_8511062.jpg

黄昏のダマスカス。ここはStraight Streetといわれる、両側にお店が立ち並ぶメインの通りの一つ。ホテルの付近はちょっとハイエンドな感じで高級感が漂っていました。オシャレなレストランもちらほらと☆

c0149755_12104710.jpg

でも歩けば歩くほど街の古さに驚きます。Old Town(旧市街)だから古いのは当然なのだろうけど、建物がとにかく年代物!いったいいつの時代から変わらずたっているのだろう。。土で出来た壁があちらこちら崩れて木の骨組が見えていたりします。それがさびれた感じではなく、「味がある!」といった趣でたっているのです。

c0149755_8511464.jpg

こんな傾いた家もあちらこちらに。あの木のつっかえ棒が、この家全体の重みを支えているのだろうか。。そっか、ここらへんはきっと地震がない国なんだ。。

c0149755_851526.jpg

近くの商店。元気カラーでお気に入り♪ ・・・しかしさすがダマスカス、街は古いけど活気と熱気、人の多さで元気です!何よりゆる~~~っとした空気に肩の力が抜けていくようで、全く危険を感じませんでした。なんだか全てが信頼関係のうえに成り立ってるような、そんなゆるゆる感です。ヨーロッパやアメリカの方がよっぽど気が張ったかもしれないなぁ。。

c0149755_8512789.jpg

街を歩けば、見たことのないような景色が目に飛び込んできて楽しくて楽しくて(^^)。

c0149755_8513143.jpg

そしてマーケット好き夫婦としては楽しみだったスークに到着!いや~、ダマスカスもスーク楽しいです!しっかり見たのは次の日になるのでまた記事は改めますが、地元の人の買物エリアもあれば、観光客をターゲットとしたぼったくり店や売る気があるのかないのか分からないお店もあり、面白かったです。全体的に綺麗だし、落ち着いていてオシャレなお店が多いのも印象的でした。・・・でも何より印象的だったのは、何も売ろうとせず、ただ普通に「Welcome to Syria!」と言ってくれる人が多かったこと。これはお店の人だけでなく、通りすがりのおじさん達もそうでした。自然と笑顔になる、そんな優しさがダマスカスには溢れていたなぁ。

そんなスークの話は次の次くらいに。

次回はこの後向かったレストランについて書きたいと思います!
(本当は今回まとめて書くつもりでしたが、長くなっちゃったので・・。この旅行記いつまで続くんだろう・笑)


つづく。
[PR]
by mihopoppo | 2011-05-11 12:43 | …ヨルダン・シリア(19)
<< ヨルダン・シリア旅行記⑭~ダマ... ヨルダン・シリア旅行記⑫~いざ... >>