<< タイ旅行記6~チェンマイ食べ歩き①~ 甥っ子&姪っ子の門出旅行 in... >>
タイ旅行記5~To Chiang Mai ~
c0149755_14591227.jpg

お宿のお庭@チェンマイにて。
今年も暑い(そしてオリンピックで眠い)夏ですが、皆さん夏バテなさいませんように☆
牛歩のごとき旅行記ですが、今日も一日分進みます!

・・・☆・・・

【Day 4: Feb. 14, 2012】

バンコクの喧騒を離れ、この日から北部の都チェンマイへ!朝は5:50に起床、7時にチェックアウトして空港へ向かいます。バンコクでも朝の渋滞はひどく、間に合うかハラハラしたのですが無事に時間どおりに到着。コーヒーを買って8:55発のAir Asiaに乗り込みました。

エアアジアは現在話題のLCC(格安航空会社)の一つですが、乗った印象はとても良かったです(^^)。私たちがロンドン時代にさんざん乗り倒したRyan Airより乗り心地も良く快適でした!面白かったのはオリジナルグッズの販売にすごーく力を入れてること。品ぞろえも豊富で、しかも結構可愛くて実用的な感じでした。売れ行きも好調みたいで、お客さんが次々と買っていきます。かくいう私も、前の旅行でなくなってしまったスーツケースのラゲッジタグと、旅行用PCのスリムマウス(ペッたんこでかさばらない)を買ってしまいました。両方ともエアアジアカラーの真っ赤なアイテムでなかなかお気に入りです☆

そんなこんなであっという間にチェンマイに到着。

降り立ったチェンマイは・・・のーんびりしていました(笑)。

c0149755_15132931.jpg

ここはバンコクに続くタイ第二の都市で、寺院も多いことから「タイの京都」と称されることも多いのだそうです。大きな総合大学(チェンマイ大学)もあり非常に学生が多い街なのですが、バンコクとは比べ物にならないくらいのどかな雰囲気が漂っています。

まずはタクシーでお宿まで。チェンマイにはホテルも沢山ありますが、それ以上に沢山あるのが「ゲストハウス」と呼ばれる小規模なB&Bのようなお宿。カフェが併設されてるところが多く、朝食はそのカフェで頂く形態が多いようです。私たちは旧市街の中にあるRachamankha Flora Houseというところに宿泊しました。

c0149755_15203121.jpg

その名の通り、手入れの行き届いたお庭と沢山のお花が印象的。宿主のおじさんは日本に留学経験があるらしく、日本語をお話しになります(お庭のお手入れもよくされていました)。

c0149755_1457876.jpg

とても小ざっぱりとした気持のよいゲストハウスでした☆ 洗濯もとても安いお値段で出せるし、近くのカフェで食べられる美味しい朝食券付きだし(ここはカフェは併設してないので、近所のカフェ付きゲストハウスと提携しています)、wi-fiは飛んでるし、計5泊の滞在を快適に過ごすことができました。

荷物を置き、一休みした後は早速お昼ご飯を食べに行きました。ここチェンマイは北部料理の宝庫☆ 美味しくて安いお店が沢山あるそうなのでとても楽しみにしていた街です。特に北部名物の「カオソーイ」と呼ばれるカレー味の麺が有名で、あちこちで食べ比べしようと目論んでいたのです(^^)。まずはお宿の近くにあった「Huen Phen」というお店に出かけてみました。それなりに有名で評判も上々なお店です。

c0149755_15313018.jpg

お昼はこんな感じの風通しの良いお席。夜になると奥の間がレストランになるそうな。

c0149755_15324633.jpg

さ、これがお待ちかねの初カオソーイ!カレー味のスープの中に、揚げた麺と揚げてない麺と鶏肉が入っています。

c0149755_15325080.jpg

その中に薬味のハーブやら玉ねぎやらをお好みで入れて頂きます。初カオソーイの感想・・・「意外とあっさり。ちょっと少ない」。日本のカレーうどんみたいなスープを期待してるとちょっと違います。もっとサラサラで淡白なカレー味。そしてタイの一人前はどれも結構少なめなのですが、うーん。どうなんだろう。個人的にはもう少し揚げ麺を減らして、揚げてない麺を増やしてほしい感じかなぁ。幾つか食べた中で、このHuen Phenのカオソーイはとりわけ少なめな印象でした。

c0149755_15325614.jpg

青いパパイヤのサラダ、ソムタムも初めて頂きました☆ さっぱり爽やかでした。Huen Phen, 夜に来たらもうちょっといいのかもしれないなぁ。お昼は「まぁ、普通かな」という感じでした(私は)。

c0149755_1694957.jpg

食後は旧市街をつっきってぷらぷらと歩くことに。

c0149755_16102927.jpg

旅人も多く、のどかなチェンマイはのんびりするにはとっても良い街です。・・・でも、昼下がりにむやみに歩いてはなりませぬ。とにかく暑くて埃っぽくて疲れます。

c0149755_16153495.jpg

途中、カフェで休憩しながら漸く旧市街の端にある川まで辿り着きました。・・・が、疲労困憊!旅行日記を見ると「チェンマイは広い。むやみに歩いてはいけない。疲れる。」と書いてありました(笑)。帰りは満場一致で(私と夫のみですが)トゥクトゥクに乗りました。そうそう、帰宿後、「どこに行ってきたの?」と話しかけてくれた宿のお姉さんに「川まで」というと、「川まで歩いたの?!」と目を真ん丸くして驚かれました。やっぱり驚かれる距離だったみたいです・・・皆さまはどうか歩かれませんように。

あ、そうだ。実は歩いてる途中にもう一軒カオソーイの有名なお店を見つけた私たち。こっちの方までもう来ないかもしれないしねー、と言って午後の変な時間にも関わらずこの日2杯目のカオソーイにチャレンジしました。

c0149755_16172371.jpg

Just Khao Soi」という名のこのお店とても立派な店構えです。カオソーイ専門店で、売りは「No MSG」(化学調味料不使用」)、そして「カオソーイだけで立派な一品!」とする気概。よってメニューは店名通り、カオソーイだけです。

c0149755_16194073.jpg

ここのカオソーイは一杯一杯が割と量が多く、スープの味やお肉の種類を選ぶことができます。薬味もちょこちょこと付いてきて見た目も立派です。

c0149755_16205333.jpg

暑かったし疲れてたし、綺麗な涼しい店内とタイビールにオットもご機嫌♪ 私もスイカジュースでご機嫌♪ 肝心のカオソーイはやっぱりあっさり(「これがMSGなしの自然な味なのかな?」という感じのあっさり)、でも麺はたっぷり。食べ比べが出来て楽しかったです。

夜はオットが「ちょっと歩いたところに地元の人用の安い食堂エリアがあるから行かない?」とのご提案。私は流石にクタクタで体調も悪く、「たいした距離じゃないよ」というオットに「もう歩くのは嫌だ」とごにょごにょとごねてました。結局行ってはみたものの、チェンマイの旧市街はバンコクとは全く趣が違って皆さん早寝なようです。。20時には地元向けの飲食店はぜーんぶ閉店してました(笑)。通りすがりの観光客向けカフェでムスリムカレーを食べたものの、ここのお料理ゴリ押し系のマダムと、蚊と、疲労のため雰囲気悪し(旅行中の我が家には度々見られる現象です・笑)。帰って21:30には二人とも寝てしまいました。

旅行日記を見ると、この日の締めくくりには『宿に帰り、そのまま寝る。蚊に刺されたところが腫れる。悲しい。』とテンションの低い書き込みがなされていました。

・・・が、この後のチェンマイは楽しいことだらけで美味しいもの満載!
ツアーや料理学校にも参加して、チェンマイを満喫する日が続くのでありました。

つづく。
[PR]
by mihopoppo | 2012-08-08 16:44 | …タイ(10)
<< タイ旅行記6~チェンマイ食べ歩き①~ 甥っ子&姪っ子の門出旅行 in... >>